コブクロ

コブクロは、日本のフォーク・デュオ。コブクロは、ミノスケオフィスコブクロ所属。コブクロのレコード会社はワーナーミュージック・ジャパン。

コブクロのメンバー

小渕健太郎(こぶち けんたろう、1977年3月13日 -)

宮崎県宮崎市出身。O型。身長168cm。宮崎県立宮崎工業高等学校卒業。通称「コビィ」・「主任」・「ケン坊」。
コブクロ、ギター・ボーカル 担当。他にブルースハープ、三線、指笛を演奏することもある。
コブクロバンドメンバーのドラム担当のマーちゃんこと桜井正宏氏の次男を命名した。
黒田俊介(くろだ しゅんすけ、1977年3月18日 - )

大阪府堺市(現在の)南区出身。O型。身長193cm。大阪体育大学浪商高等学校卒業。通称「黒ちゃん」・「ロダー」。
コブクロ、ボーカル担当。現在ギターは小渕の担当だが、出会った頃までは、黒田もギターを弾いていた。
マイクを良く右手で持つ。(左利きに見られたいからだとライブDVDの副音声で話していた)
193cmという長身は、様々なネタに使い、使われることが多い。

コブクロ

コブクロが東京で初めて路上ライブをした際、人が全然集まらず「東京の人は冷たいな〜。」と思っていたら、実は大雨で渋谷が冠水して大変なことになっていた。コブクロの次のハチ公前での路上ライブでは人が100人以上集まり「俺らすごいやん!」と思っていたら、実は郷ひろみの路上ゲリラライブ (GOLD FINGER '99) だった(コブクロ黒田は背が高く、野次馬の中で頭一つ飛び出ていたため、テレビで見て自分がすぐわかったらしい。これがコブクロ初のワイドショーデビュー)。

コブクロがメディアに出るきっかけになったのは、京都で路上ライブをしているときに、森脇健児から「自分ら歌うまいなあ。ラジオで歌って見いひんか?」と声をかけられ、KBS京都に出演したのがきっかけである。


コブクロファンフェスタ
毎年和歌山市内で開催されるコブクロ恒例のライブがある。これは『ファンフェスタ』と呼ばれており、全国各地からコブクロファンが訪れる。和歌山にはコブクロの所属事務所があり、コブクロがデビュー前から和歌山県内で多くのライブを行なってきた。それ故、和歌山はコブクロの二人が『第二の故郷』と呼ぶ場所となっている。もともとはコブクロの野外ライブとして和歌山マリーナシティで行なわれていたが、現在では同市内にある和歌山ビッグホエール(屋内会場)で行なわれている。

コブクロ

コブクロは、2006年の第57回NHK紅白歌合戦に昨年に引き続き、2度目の出場(歌唱曲は、「風」)。
コブクロは、2007年1月8日から放送中のフジテレビ系月9の速水もこみち出演連続ドラマ「東京タワー〜オカンとボクと、時々、オトン〜」の主題歌「蕾(つぼみ)」を書き下ろし、2007年3月21日に発売。発売2週目の2007年4月9日付オリコン週間シングルチャートで、シングルでは14作目にしてコブクロ初の1位を獲得した。
2007年2月28日に同じレコード会社の所属である、絢香と組んだスペシャルユニット「絢香×コブクロ」としてのシングル「WINDING ROAD」を発売。
2007年3月13日、コブクロの「ALL SINGLES BEST」が第21回日本ゴールドディスク大賞でアルバム・オブ・ザ・イヤーを受賞。
2007年6月6日、iTunes Store、Mora、Mora win、Listen Japan、OnGen、Music Ocean等で音楽ダウンロード開始。
2007年6月16日〜8月12日→8月18日、KOBUKURO LIVE TOUR '07 “蕾”無事終了

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。